Top Vision Policy Education Flow Guideline Message
 
 
社員教育について
 
ザナドゥーでは「愛と勇気づけの教育理念」のもと、仕事を6分野で分けた教育システムを管理、運用しています。
 
教育プログラム
 
心・精神的姿勢
社長講座 社長講座をスタッフは定期的に受講し、心・精神的姿勢というものが何故必要なのかを数回のコースで学びます
内省教育 人間学を、心や脳科学的なプログラムを基に、多種多様な方法で学びます。
※ 入社研修では1泊2日での体験研修が組み込まれます。
社内報
(ザナドゥー通信)
代表、押元と全スタッフが通じ合うツールとして毎月発行されます。
   
仕事の基本
入社研修 社会人としての基本ルール、マナーなどを学びながら、価値観そのものを社会に合わせます。
セルフチェック
システム
自分で立てた目標に対する毎月のセルフチェックで、今の自分を確認しながら進みます。
クリンリネス
システム
徹底した掃除(クリンリネス)を実践することで、美意識の基本を学びます。
定期面談、
サロンミーティング
定期実施の店長面談では、いつでも基本に戻れる大切なアドバイスを得られます。
また、日々の営業を通じ、スタッフ間でのミーティング、ディスカッションの時間をふんだんに取ります。
   
美容技術と専門知識
基本技術 シャンプー・マッサージ・塗布作業などの基本技術を、時間をかけ丁寧に指導します。
一括教育 社内教育施設を使い、スタイリスト昇格までの約3年間、毎週ランク別で行う合同トレーニングを行い、課題の受講~検定までを繰り返します。認定トレーナーが直接指導に当るこの制度を基にランクを昇格して行きます。
講習制度 毛髪理論、パーマ・カラー理論など、専門知識を学べる講習会がカリキュラムに組み込まれます。
モデル検定制度 スタイリストに昇格するまでに150人のモデルを消化する基準があります。
モデルはすべて、お客様同様にセルフ管理することで信頼関係を築き、後の指名客として繋げて行きます。
   
  ザナドゥー・ビューティーアカデミー
  教育のための施設「ザナドゥー・ビューティーアカデミー」を、スタッフ教育の場として用意、運用しています。
毎週行われる技術トレーニングの他、会議やプロジェクトミーティングなども行われます。また、撮影のためのスタジオ設備も完備するなど、多目的に利用できる施設となっています。
   
  ベーシック・カリキュラム
  入社時(アシスタント)より、スタイリストデビューまでのプログラムに沿って技術を習得して行きます。
ランクはアシスタント・ジュニア・ハイジュニア・初級スタイリストとアップして行きます。
所用期間、約3年間に渡る課題を盛り込んだベーシック・カリキュラムとなります。(スタイリスト昇格までのランクアップカリキュラム参照)
   
接客技術と専門知識
接客基礎 挨拶、表情、会話のしかた、立ち振る舞いまでを、一人一人丁寧に指導します。
オペレーション 電話応対、受付・会計時対応、店内誘導、引継ぎ方法などを、実践的に指導します。
クレーム対応 お客様の立場になって、クレームに対する対応方法を学びます。
  ※接客技術の指導は、認定インストラクターが指導に当たらせていただきます。
※入社当初は研修内で、また、以降フォローアップとして随時講習会を実施いたします。
   
販売技術と専門知識
販促キャンペーン 年8回の販促キャンペーンを通じ、習得した販売テクニックを実践します。
ロールプレイング 販売も技術、繰り返しの練習が必要なことから、ロールプレイングでの実践的トレーニングを、日常のサロンワークの中で取り入れています。
外部講習 多種多様な用途で、外部講師を招いての販売技術講習会などを、積極的に実施しています。
   
管理技術
プロジェクト推進 撮影、販売促進、材料管理、環境管理、事務金銭管理など、アシスタントクラスから参加できる活動の場を、プロジェクト形式で用意、運用しています。個人のスキルにつながります。
マネジメントシステム 日々、週単位でセルフマネジメントできる仕組みを用意、運用しています。
また、店単位での年間計画~運用にも全スタッフが関わる仕組みにより、経営的なスキルも身につけられます。
 
スタイリスト昇級までのランクアップカリキュラム
 
アシスタント